じぶん銀行 住宅ローン
  • 変動金利はもちろん10年固定でも低金利
  • 仮審査は即日で回答。がん保障特約保険料0円

必要書類を撮影して送信するだけ。簡単&スピーディに手続きが可能です。
auスマホをご利用の方はこちらから申し込みをすると特典がつきます。

住宅本舗の一括審査申込み

実際に適用される金利や借り入れ条件は仮審査をしないとわかりません。複数の金融機関に仮審査を申し込んでみましよう。

住宅ローンの返済のシミュレーション方法

ご利用前の注意!
当サイトではシミュレーションの重要性を繰り返し説いていますがシュミレーションが有効になる前提は下記の通りです。


上手に使って暮らしを助ける住宅ローン

住宅を購入する際には、多くの人が住宅ローンを利用しています。用意できる頭金は少ないけれど欲しい物件があるという時や、ある程度手元に現金を残しておきたいという時に役立ちます。ですが、借り入れには審査がありますので、事前に他のローンなどはできるだけ整理しておくことが大切です。また、金利や返済年数の選び方も重要です。金利には変動金利と固定金利の二種類がありますが、変動金利は年2回の金利見直しで金利が上下するタイプ、固定金利は一定年数の間はずっと同じ金利になるタイプです。どちらを選んだ方が得かは、その時の金利の状況によって変わってくるので、しっかり見極める必要があります。

迷った時は、ネットでできる返済シミュレーションをしてみたり、窓口で相談してみると良いでしょう。借り入れ年数は、最長で35年になりますが、最初から年数を短くすると、月々の返済額が高くなるので、家計が厳しくなってしまうこともあります。急に収入が減ったりした時に備えて、余裕のある返済プランを組むことが重要です。ですが、年数を長くすればその分金利もかかり続けるので、最終的な支払い金額は多くなってしまいます。そこで、ほとんどの人が繰り上げ返済を利用して、返済年数を短くしています。ある程度蓄えができた時に、その都度繰り上げ返済をしていけば、無理なく返済期間を短くすることができます。シュミレーションを参考にしつつ住宅ローンを上手に使って、余裕のある暮らしに役立ててください。

シミュレーションは住宅ローンの金利計算の手助けをしてくれますがそれでも手間がかかるものです。そんな横着者の方には金利比較ランキングを参考にして、自分にあったローンにあたりをつけ、その金融機関のシミュレーターを使うとよいでしょう。


JAバンクの住宅ローンのシミュレーション

JAバンクはテレビCMでも良く見かけるほど、認知度の高い金融機関です。JAバンクで取り扱っている金融商品はいくつかありますが、住宅ローンもその中に含まれています。新築やリフォーム、土地の購入で住宅ローンを借りることができます。融資金額も5千万円以内までと限度額も大きいので、立派な家を建てることができます。融資を受けれる条件としては20歳以上66歳未満の人で、年収も200万以上で勤続年数が3年以上であること。他の金融機関に比べると条件も少ないので、申し込みしやすいことは確かです。一家の大黒柱になる夢も、すぐに叶えられること間違いなしです。まずは、詳しい話をJAバンクで聞いてみることからしてみましょう。

融資期間は3年以上35年以内なので、借りた後の返済額のことをしっかり頭に入れておかないといけません。返済金額には金利分も含まれます。金利は、変動金利型、固定金利型、変動固定金利型を選ぶことができます。金利は見直しされることもあるので、融資担当者とよく話し合って決めるのが一番良いです。インターネットで簡単に返済シミュレーションをすることもできるので、ざっとどのくらいになるか見てみるのもいいでしょう。申し込みで来店する際は、必要な書類について事前に電話で聞いておいたほうが、用意し忘れて何回も足を運ぶような二度手間を防げます。審査があるので多少時間がかかるし、審査が通らない場合もありますがやってみないことには家を建てることはできません。自分の家を持つために、インターネットで返済シミュレーションをした後は思い切って相談してみましょう。 

じぶん銀行 住宅ローン
  • 変動金利はもちろん10年固定でも低金利
  • 仮審査は即日で回答。がん保障特約保険料0円

必要書類を撮影して送信するだけ。簡単&スピーディに手続きが可能です。 公式サイトはこちら

このページの先頭へ