なぜ今、借り換えを検討するのか

借り換えで人気の住宅ローン

  • 人気の住宅ローン
  • 20年以上の借り換え
  • 一括審査申し込み
じぶん銀行 住宅ローン
じぶん銀行住宅ローン
ネット専業銀行最速!融資額1,000億円超え!
新生銀行 住宅ローン
りそな銀行借りかえローン
事務手数料は固定で54,000円
  • 審査は本審査1回のみ
  • ネット銀行でも専任スタッフ付
楽天銀行 住宅ローン フラット35
楽天銀行住宅ローンフラット35
融資事務手数料の差が歴然
  • フラット35で最低水準の金利
  • 来店不要で契約可能

一般的住宅ローン手数料=借入額×2.16% (税込)⇒ 楽天銀行は楽天銀行口座の指定で借入額の0.972%(税込)

住宅本舗の一括審査申込み
住宅本舗の一括審査申込み
得したい方必見!忙しい方にも
  • 一括審査で複数の商品から一番良い条件の商品がわかる
  • 一度の入力で複数のローンへの審査申込みが可能

借り換えとは現在借入をしている住宅ローンから他の住宅ローンに変更するために借り直しをすることを言います。

なぜこのようなことをするのかというと当初住宅ローンの借入をした時は自分にとって有利な条件であったのですが、時が経過するにつれてより条件のいい住宅ローンが登場してくることも少なくありません。

自分にとってよりいい条件の住宅ローンに借り換えをすることによって、月々の返済額や総返済額を減らすことができたり、利息の支払い額を減らしながら将来の金利の上昇リスクを軽減するなど、そのメリットは人によって様々ですがいずれにしろ自分にとってお得となるから借り換えを検討するのです。

住宅ローンの返済は数十年間にわたって行うものなので、その期間に発生することになる利息の額はかなり多くなります。住宅ローンを利用してマイホームを購入した後も、返済額に影響を与える金利の状況や、どのようなサービスが出てくるのかということを気にしておくとともに、自分に適したサービスが登場してたら積極的に借り換えをした方がいいでしょう。

低金利時代の今がチャンスです

現在の日本はここ20年から30年の間でも一番の低金利時代を迎えています。住宅ローンの変動金利の推移を見てみると、25年から30年くらい前のバブル期の頃は、5%前後から一番高くて8.5%とかなりの高金利でした。

なぜなら、この頃の景気は絶頂で市場の金利の上昇と共に住宅ローンの金利もどんどん上昇していったからです。 しかしバブル崩壊と共に景気が大きく後退して、市場金利も低くなり、それと共に住宅ローンの金利も低下していきました。

バブル崩壊の時に住宅ローンのサービスを提供している銀行などの金融機関は、不良債権問題などの影響で大きな打撃を受けてしまいました。そのような経験からまた景気が良くなったとしてもなかなか金利を上げることができない状態になってしまい、現在まで長期にわたる低金利時代が続いています。

商品によって様々ですが、住宅ローンの金利についてもここ数年はかなりの低金利となっています。低金利時代の今、住宅ローンを利用すると低い金利の恩恵を受けることができ、以前に住宅ローンを利用してマイホームを購入している人でも例外ではありません。

借り換えをするには低金利時代の今がチャンスであるといえ、積極的に動いた人は将来その恩恵をしっかり享受することができるでしょう。



借り換えで人気の住宅ローン

  • 人気の住宅ローン
  • 20年以上の借り換え
  • 一括審査申し込み
じぶん銀行 住宅ローン
じぶん銀行住宅ローン
ネット専業銀行最速!融資額1,000億円超え!
りそな銀行 借りかえローン
りそな銀行借りかえローン
ローンプラザなどで休日も相談OK
  • 保証料、繰上返済手数料無料
  • web申込み限定でお得な金利
楽天銀行 住宅ローン フラット35
楽天銀行住宅ローンフラット35
融資事務手数料の差が歴然
  • フラット35で最低水準の金利
  • 来店不要で契約可能

一般的住宅ローン手数料=借入額×2.16% (税込)⇒ 楽天銀行は楽天銀行口座の指定で借入額の0.972%(税込)

住宅本舗の一括審査申込み
住宅本舗の一括審査申込み
得したい方必見!忙しい方にも
  • 一括審査で複数の商品から一番良い条件の商品がわかる
  • 一度の入力で複数のローンへの審査申込みが可能

関連記事

借り換えのタイミング
借り換えに適したタイミングは4点:収入アップ、返済が厳しいとき、金利上昇が予想される時、健康状態...
借り換えのメリット、デメリット
借り換えのメリットは月々返済額の減少、返済総額の減少、金利タイプの見直しができること。デメリットは諸費用がかかる、時間や手間が...

一つ前のページに戻る

トップページへ戻る

このページの先頭へ