借り換えをしない方がいい人

借り換えで人気の住宅ローン

  • 人気の住宅ローン
  • 20年以上の借り換え
  • 一括審査申し込み
じぶん銀行 住宅ローン
じぶん銀行住宅ローン
ネット専業銀行最速!融資額1,000億円超え!
  • ネット銀行ならではの低金利
  • 仮審査は即日で回答。がん保障特約保険料0円
  • auスマホをご利用の方は特典付のこちらがおすすめ
新生銀行 住宅ローン
りそな銀行借りかえローン
事務手数料は固定で54,000円
  • 審査は本審査1回のみ
  • ネット銀行でも専任スタッフ付
楽天銀行 住宅ローン フラット35
楽天銀行住宅ローンフラット35
融資事務手数料の差が歴然
  • フラット35で最低水準の金利
  • 来店不要で契約可能

一般的住宅ローン手数料=借入額×2.16% (税込)⇒ 楽天銀行は楽天銀行口座の指定で借入額の0.972%(税込)

住宅本舗の一括審査申込み
住宅本舗の一括審査申込み
得したい方必見!忙しい方にも
  • 一括審査で複数の商品から一番良い条件の商品がわかる
  • 一度の入力で複数のローンへの審査申込みが可能

「借り換えをして返済額を減らすことができる」ということを聞くと、住宅ローンを利用している人はつい自分もやろうかなと考えてしまいますよね。しかし、この手続きをすることによってみんなメリットがあるというわけではなく、あくまで借り換えをしたほうがいいと考えられる人がその対象となります。

これに対して、借り換えをしない方がいい人も当然いるわけです。このような人は、この手続きをすると今までよりも損してしまうこともあります。どのような人が借り換えをしない方がいいのかというと、以下のケースが挙げられます。

~ もくじ ~

  1. まとまったお金が入る予定のある人
  2. 残債が少なく返済期間も短い人
  3. 金利差が少ない借り換えをしようとしてる人

1. まとまったお金が入る予定のある人

もうすぐ定年を迎えて退職金をもらえる予定である人、また親などが亡くなって相続が開始した場合に、多額の遺産を取得することになった場合には、一度にまとまったお金が自分のところに入ってくることになります。

このような場合は、まとまったお金を利用して繰り上げ返済をすることができるため、借り換えはしない方がいいと言えます。

繰り上げ返済をすることによって一度に元本を減らすことができ、元本が減少した分から発生する利息を支払わずに済みます。そのため他の金融機関で借り換えをするよりも総返済額を少なくすることができるのです。

また、繰り上げ返済にも基本的に手数料がかかってきますが、その額は数千円から高くても2万円弱となっていて、フラット35や一部の民間の金融機関でも一定の方法で手続きをすると無料になることもあります。借り換えの手続きには数十万円単位の諸費用がかかってくることを考えると、この点でもメリットがあります。

ただ、上記の話はあくまで借り換えよりも繰り上げ返済の方がお得になる場合の話で、条件やタイミングによっては借り換えのほうがいいというケースもあるので、このような場合は、借り換えを選択しても問題ありません。

2.残債が少なく返済期間も短い人

住宅ローンの返済がかなり進んできて、残債が少なく、返済期間も短くなっている人もあまり借り換えの効果を享受することができない可能性があります。

そもそも借り換えはより低い金利の住宅ローンを利用することによって、利息分をできるだけ小さくするために行う手続きです。しかし、残債が少なくなっている場合はそれほどかかってくる利息も多くはなく、返済期間が短くなっている場合は手続きをしても諸費用のほうが上回ってしまうことがあるため、却って損になってしまいます。

特に、残りの残債が数百万円単位で返済期間も数年である場合は、借り換えをしないで現在借入をしている住宅ローンをそのまま利用し続けた方がいいでしょう。

3. 金利差が少ない借り換えをしようとしてる人

借り換えの手続きを考える上で特に重要なのが、現在借入をしている住宅ローンとこれから借り換えようとしている住宅ローンの金利差です。

なぜなら、これから利用する方の金利がより低ければ低いほど、総返済額を少なくすることができるからです。そのため、金利差があまりない住宅ローンを借り換え先に考えている人は、それほど効果を期待することができないので、手続きを控えたほうがいいでしょう。

具体的にはどの程度の金利差の場合は借り換えをしない方が良いのでしょうか?一概に言えませんが、金利差が0.3%を下回ると追加の諸費用の方が大きくなる可能性が出てきます。残りの返済期間が短い場合にはもっと金利差に余裕を見ておいた方が無難です。



借り換えで人気の住宅ローン

  • 人気の住宅ローン
  • 20年以上の借り換え
  • 一括審査申し込み
じぶん銀行 住宅ローン
じぶん銀行住宅ローン
ネット専業銀行最速!融資額1,000億円超え!
  • ネット銀行ならではの低金利
  • 仮審査は即日で回答。がん保障特約保険料0円
  • auスマホをご利用の方は特典付のこちらがおすすめ
りそな銀行 借りかえローン
りそな銀行借りかえローン
ローンプラザなどで休日も相談OK
  • 保証料、繰上返済手数料無料
  • web申込み限定でお得な金利
楽天銀行 住宅ローン フラット35
楽天銀行住宅ローンフラット35
融資事務手数料の差が歴然
  • フラット35で最低水準の金利
  • 来店不要で契約可能

一般的住宅ローン手数料=借入額×2.16% (税込)⇒ 楽天銀行は楽天銀行口座の指定で借入額の0.972%(税込)

住宅本舗の一括審査申込み
住宅本舗の一括審査申込み
得したい方必見!忙しい方にも
  • 一括審査で複数の商品から一番良い条件の商品がわかる
  • 一度の入力で複数のローンへの審査申込みが可能

関連記事

借り換えのタイミング
収入がアップ、返済が厳しい、金利が上昇することが予想できた時など...
借り換えに適した人
一定の条件を満たしている人、固定金利期間が終わりそうな人、好景気に高金利で住宅ローンを組んだ人、全期間固定金利よりも高金利で利用中の人...
借り換えのメリット、デメリット
借り換えのメリットは月々返済額の減少、返済総額の減少、金利タイプの見直しができること。デメリットは諸費用がかかる、時間や手間が...

一つ前のページに戻る

トップページへ戻る

このページの先頭へ