住宅ローンを利用できる金融機関

借り換えで人気の住宅ローン

  • 人気の住宅ローン
  • 20年以上の借り換え
  • 一括審査申し込み
じぶん銀行 住宅ローン
じぶん銀行住宅ローン
ネット専業銀行最速!融資額1,000億円超え!
  • ネット銀行ならではの低金利
  • 仮審査は即日で回答。がん保障特約保険料0円
  • auスマホをご利用の方は特典付のこちらがおすすめ
新生銀行 住宅ローン
りそな銀行借りかえローン
事務手数料は固定で54,000円
  • 審査は本審査1回のみ
  • ネット銀行でも専任スタッフ付
楽天銀行 住宅ローン フラット35
楽天銀行住宅ローンフラット35
融資事務手数料の差が歴然
  • フラット35で最低水準の金利
  • 来店不要で契約可能

一般的住宅ローン手数料=借入額×2.16% (税込)⇒ 楽天銀行は楽天銀行口座の指定で借入額の0.972%(税込)

住宅本舗の一括審査申込み
住宅本舗の一括審査申込み
得したい方必見!忙しい方にも
  • 一括審査で複数の商品から一番良い条件の商品がわかる
  • 一度の入力で複数のローンへの審査申込みが可能

現在、住宅ローンはいろいろな金融機関で利用することが可能となっています。

また金融機関によって提供しているサービスの内容も違いますし、ここ数年は低金利の商品が増えてきていますので、自分に適したサービスを取り扱っている金融機関を選択することが大切です。

~ もくじ ~

  • 銀行
    • 大手の銀行
    • 地方銀行
  • 信用金庫
  • 労働金庫
  • JA(農協)
  • ネット銀行
  • フラット35
  • モーゲージバンク

銀行

銀行は、多くの人が日々の生活をする中で利用している金融機関で、人々の預金や債券を発行することによって資金を調達して、それを元に融資をしたり、手形交換や為替取引などの支払決済機関を担ったりする業務を行っています。

銀行の中には三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、みずほ銀行など、日本全国に支店のある大手の銀行と、営業範囲が地域に限定されている地方銀行があり、ともに住宅ローンのサービスを提供しています。

銀行が提供している住宅ローンは、その銀行の預金口座を持っていなくても基本的に利用することは可能なのですが、担保として提供する物件の状況を把握する必要があるので、物件が支店の担当するエリア内であることが条件となっているのが特徴です。

大手の銀行と地方銀行の住宅ローンのサービス内容にはどのような違いがあるのでしょうか。両者の違いを理解しておきましょう。

大手の銀行(都市銀行、メガバンク)

大手の銀行は日本全国に満遍なく支店があるため住宅ローンの申込をしやすいということ、そして経営が安定しているということもありサービスの条件は比較的良質なものが多いと言えます。そのため、住宅ローンを利用するための金融機関の選択肢としては、有力の候補の一つとして検討すべきでしょう。

審査の面においても比較的早いのが特徴で事前審査の場合は、翌日から数日で結果が出ることが多いようです。

難点として、自己資金をある程度用意しないと良い条件の金利で借りることができないということ、また収入の安定性の点で少し問題があるとみなされる自営業者の利用が難しい、ということがあげられます。

地方銀行

地方銀行の特徴としては、地域によってサービス内容や金利の水準が大きく違うということがあげられます。地域によって住宅ローンを利用する人の数が違ってくるので、それによってサービスの優遇度にも差が出てしまうからです。

金融機関によっては、一般の住宅ローンのサービスとは違った独自のサービスを提供していたり、保証会社を利用せずに住宅ローンを利用することが可能な場合もあります。保証会社が関わらない住宅ローンは、金融機関側が独自で審査をすることになるので、担当者との交渉によって審査の条件や金利を引き下げることなども可能になります。

地方銀行を利用するかどうかは、自分が利用しようとしている場所にある銀行が提供している住宅ローンのサービスが大手の銀行のものと比較して優れているかどうかで判断するといいでしょう。

信用金庫

信用金庫とは信用金庫法によって定められた金融機関で業務は基本的に銀行と同じです。信用金庫は地域を活性化させるためにその場所で活動をしている人や企業が主に利用したり会員になったりすることによって運営されていて、利益も地域の人や企業を第一に優先するという特徴があります。

信用金庫の住宅ローンの特徴として、その地域に住んでいる人でないと利用することができないということがあげられます。なぜなら、信用金庫は上記で述べたように、地域に住んでいる人の利益を第一に考えているからです。またキャンペーンなども行っていて、金利などの条件が良い住宅ローンを提供しているところも少なくありません。

住宅ローンを利用するためには、銀行のように年齢、収入、勤続年数など一定の条件を満たすだけでなく、信用組合に出資をして会員になる必要があります。

労働金庫

労働金庫とは「ろうきん」の愛称で知れ渡っている金融機関で預金の受け入れをしたり、資金の貸出、手形の発行などの業務を行っていて、組織形態は労働組合や生活協同組合などが会員となっている非営利の組織であるという特徴があります。

労働金庫が提供している住宅ローンは、独自の内容のサービスになっているのが特徴で、利用者に有利な条件の商品も多いです。例えば、低金利の全期間固定金利の商品であったり、繰り上げ返済、保証料、事務手数料などが無料であるといった特徴を出しているところがあります。

利用するためには、審査の基準を満たす必要があるのはもちろんですが、労働組合員になることが必要となることがあります。労働組合員にならない場合でも互助会に入会すれば利用は可能な場合もあります。もっともそのようなケースでは、労働組合員の利用者よりも金利がやや高くなってしまったり、保証料が無料にならなかったりといったやや悪い条件で利用しなければならないケースも出てきます。

ろうきんは全国13の地域で別々の組織として運営されているので、それぞれのろうきんで商品やサービスが異なるので注意をする必要があります。

JA(農協)

JAとは農業協同組合のことで、この組合の英語表記の頭文字から取ったものです。JAの元来の運営目的は、農業の生産力を向上させるために農家の技術指導をしたり、少しでも効率的に農業をするために必要なものを安く協同で購入したり、農業によって作られた農畜産物を売る場所を提供したりすることですが、付随して貯金や貸付などの業務も行っています。

JAの住宅ローンの特徴は、労働金庫と同様に独自のサービスを提供しているということがあげられます。JAのメインの商品として10年固定金利があり、業界でも高い水準の商品となっています。その他の特徴として、段階金利型や貯蓄連動型など少し変わったサービスを提供していることがあげられます。適用される金利については、一定の条件を満たした場合、借入の申込日と融資実行日のうち低いほうの金利が適用されるというのも特徴の一つです。

JAは、農業をしている人だけが利用可能な印象がありますが、住宅ローンのサービスを含め、農家だけでなく一般の人でも利用できます。住宅ローンを利用するためには、組合員か准組合員になれば一般の人でも可能です。

ネット銀行

ネット銀行とは一般の銀行のように店舗を持たないで、インターネット上で営業をしている銀行のことを言います。利用は365日24時間可能で、預金残高もインターネットで確認することができ、お金の預け入れや引き出しも提携のコンビニ、銀行のATMを利用してすることができるのでとても便利です。また店舗がないので、営業をするにおいて経費もあまりかからないので、その分利用者に提供するサービスに還元されていて、一般の銀行に比べて有利なサービスを受けられることも少なくありません。

ネット銀行は住宅ローンのサービスも提供していて、利用する人の数は年々増えています。ネット銀行の住宅ローンの金利や貸付の条件も一般の銀行に比べて優遇されていることが多く、返済額を少なくできるという点ではおすすめであると言えます。

注意すべき点としては、申込から融資までの手続きが一般の銀行とは異なり、直接銀行員に会うのではなく電話やメールを中心に手続きが進んでいくので、あまり住宅ローンに関する知識のない人は不安を感じてしまうこともあります。

審査の時間も一般の銀行に比べて長めの傾向があるので、あまり時間をかけないので住宅を購入したいと考えている人には不向きであると言えますが、比較的時間に余裕がある新築住宅の購入者や借り換えを検討している場合は、利用しても問題ないでしょう。

大手の銀行(都銀、メガバンク)と比較して、ネット銀行の住宅ローンはその商品・サービス内容が金融機関によって大きく異なります。ネット銀行と一括りにするのではなく、各社のサービスを個別に比較・検討した方が良いでしょう。

フラット35

フラット35
公的な金融機関である独立行政法人住宅金融支援機構と銀行などの民間の金融機関が協同して提供している証券化された住宅ローンのことを言います。

「証券化された」というと難しく聞こえますが、他の住宅ローンと同様に一般の人も利用できます。

住宅ローンの利用者に直接融資をするのは民間の金融機関になり、住宅金融支援機構はその住宅ローン債権の買取をしたり、利用者が返済することができなくなった場合に保証をするといった形で関わってきます。前者を買取型といい、後者を保証型と言いますが、現在ではほぼ買取型だけ扱われている状態です。

民間の金融機関が融資をしてその住宅ローン債権を住宅金融支援機構が買い取るといった形を取っているため、金利の変動による融資のリスクが少ないということから低金利の全期間固定金利の住宅ローンのサービスの提供が可能となっています。

フラット35の条件

フラット35を利用して融資を受けるためには、担保として提供する住宅は一定の技術基準を満たす必要があります。条件はいろいろありますが、主なものとして下記のものがあげられます。

  • 建設費、購入価格が税込で1億円以下であること
  • 床面積が戸建の場合は70㎡以上でマンションなどの共同住宅の場合は30㎡以上であること
  • 原則として一般の道路に2m以上接道していること

フラット35以外のタイプ

フラット35以外にもフラット20、フラット50といったものも出てきていますが、フラット20のほうは返済期間が15年以上20年以内であること以外はフラット35と同じです(金利は異なります)。これに対してフラット50は返済期間が36年以上50年以下、融資額が最高で6000万円までであること、担保を提供する住宅が長期優良住宅であること、などの点がフラット35と違います。

フラット35は、銀行や信用金庫などほとんど金融機関が取り扱っているので、利用しやすさという点でも申し分ありません。

モーゲージバンク

モーゲージバンクとは、住宅ローンを専門に取り扱っている金融機関のことを言います。モーゲージとは抵当権という意味で、抵当権を担保に融資する住宅ローンということになります。

この金融機関が登場したきっかけは、住宅金融支援機構の前身である旧住宅金融公庫がローンの証券化の事業を開始し、それに伴ってフラット35のサービスが提供されるようになったことです。そのためフラット35の取扱量の7~8割はモーゲージバンクが取り扱っている状況になっています。

住宅ローンを専門に取り扱っているということから審査も他の金融機関よりも早く、事前審査は即日で本審査は数日で下りるのでスピーティーに手続きすることができるのが魅力です。住宅ローンの返済口座も、現在所持している預金口座を利用することができるのでとても便利です。



借り換えで人気の住宅ローン

  • 人気の住宅ローン
  • 20年以上の借り換え
  • 一括審査申し込み
じぶん銀行 住宅ローン
じぶん銀行住宅ローン
ネット専業銀行最速!融資額1,000億円超え!
  • ネット銀行ならではの低金利
  • 仮審査は即日で回答。がん保障特約保険料0円
  • auスマホをご利用の方は特典付のこちらがおすすめ
りそな銀行 借りかえローン
りそな銀行借りかえローン
ローンプラザなどで休日も相談OK
  • 保証料、繰上返済手数料無料
  • web申込み限定でお得な金利
楽天銀行 住宅ローン フラット35
楽天銀行住宅ローンフラット35
融資事務手数料の差が歴然
  • フラット35で最低水準の金利
  • 来店不要で契約可能

一般的住宅ローン手数料=借入額×2.16% (税込)⇒ 楽天銀行は楽天銀行口座の指定で借入額の0.972%(税込)

住宅本舗の一括審査申込み
住宅本舗の一括審査申込み
得したい方必見!忙しい方にも
  • 一括審査で複数の商品から一番良い条件の商品がわかる
  • 一度の入力で複数のローンへの審査申込みが可能

関連記事

フラット35への借り換え
フラット35への借り換えのメリット・デメリットや金利、借入期間、条件...
住宅ローンの返済方法
元利均等返済、元金均等返済のメリットとデメリット、選択するには...

一つ前のページに戻る

トップページへ戻る

このページの先頭へ