住宅ローン以外の他のローン、証券化ローン

借り換えで人気の住宅ローン

  • 人気の住宅ローン
  • 一括審査申し込み
  • フラット35
じぶん銀行 住宅ローン
じぶん銀行住宅ローン
ネット専業銀行最速!融資額1,000億円超え!
  • ネット銀行ならではの低金利
  • 仮審査は即日で回答。がん保障特約保険料0円
  • auスマホをご利用の方は特典付のこちらがおすすめ
りそな銀行 借りかえローン
りそな銀行借りかえローン
ローンプラザなどで休日も相談OK
  • 保証料、繰上返済手数料無料
  • web申込み限定でお得な金利
住宅本舗の一括審査申込み
住宅本舗の一括審査申込み
得したい方必見!忙しい方にも
  • 一括審査で複数の商品から一番良い条件の商品がわかる
  • 一度の入力で複数のローンへの審査申込みが可能
楽天銀行 住宅ローン フラット35
楽天銀行住宅ローンフラット35
融資事務手数料の差が歴然
  • フラット35で最低水準の金利
  • 来店不要で契約可能

一般的住宅ローン手数料=借入額×2.16% (税込)⇒ 楽天銀行は楽天銀行口座の指定で借入額の0.972%(税込)

住宅ローン以外に他のローンを組んでいる人もいるかもしれません。 住宅ローンの借り換えの際、他のローンもまとめる事ができるのでしょうか?

一般的に住宅ローンと他のローン例えば自動車ローンを、それぞれ組んでいるひとは多いと思います。 住宅ローンも自動車ローンも同じローンなので、同じ金融機関でこれらのローンを利用していれば、まとめることができそうですが実際はできません。

住宅ローンの借り換えと他のローンにあたる自動車ローンなど、それぞれ目的ローンの1つであるため、ローンの使途が限定されています。 住宅ローンの借り換えをすることで、総支払額を減額することは可能です。



金利検討イメージ

他のローンと住宅ローン2つのローンの支払いが負担になっても、住宅ローンの借り換え次第で住宅ローンの総支払額を減額できるため、支払いの負担を軽減することは可能です。

他のローン例えば自動車ローンと住宅ローンを、一つにまとめることはできませんが、住宅ローンの借り換えで低金利の住宅ローンを新たに組むことによって、支払額を減らすことができるため月々の支払いが楽になると思います。

証券化ローンについて説明します。 証券化ローンというと聞きなれない方もいるかも知れませんが、フラット35だと聞き覚えがあるかも知れません。 証券化ローンである今までののフラット35の買取り型は、住宅金融支援機構が金融機関から住宅ローンの債権を買い取り、証券化する仕組みでした。

証券化ローンである現在のフラット35の保証型は、住宅ローンの返済を金融機関に対し住宅金融支援機構が保証する仕組みで、金融機関が独自で住宅ローン債権を証券化できるようになりました。 その結果金融機関が独自の商品の内容を設定できるようになったため、その商品の内容に借り換えを可能とした金融機関がでてきました。

証券化ローンであるフラット35の保証型であれば、通常の住宅ローンの借り入れ・借り換えの際支払う保証料が、必要ないため借り換え時の諸費用を抑えることができます。 今までの証券化ローンであるフラット35の買取り型では、借り換えには対応していませんでした。

そこで金融機関が独自で住宅ローン債権を証券化できるようになった、フラット35の保証型では以前できなかった借り換えを可能にし、住宅ローンを検討している人のニーズに応えることができるよう、便利になりました。




りそな銀行 借りかえローン
  • 保証料、繰上返済手数料無料
  • web申込み限定でお得な金利

webから申込みをしても、ローンプラザや店舗で休日でも相談も可能です。

詳細はこちら
じぶん銀行 住宅ローン
  • 変動金利はもちろん10年固定でも低金利
  • 仮審査は即日で回答。がん保障特約保険料0円

必要書類を撮影して送信するだけ。簡単&スピーディに手続きが可能です。 公式サイトはこちら


関連記事

借り換えをしない方がいい人
まとまったお金が入る予定のある、残債が少なく返済期間も短い、金利差が少ない借り換えをしようとしてる人等借り換えに適していない人を...
借り換えのメリット、デメリット
借り換えのメリットは月々返済額の減少、返済総額の減少、金利タイプの見直しができること。デメリットは諸費用がかかる、時間や手間が...

一つ前のページに戻る

トップページへ戻る

このページの先頭へ