不動産担保ローン、乗り換えについて

借り換えで人気の住宅ローン

  • 人気の住宅ローン
  • 20年以上の借り換え
  • 一括審査申し込み
じぶん銀行 住宅ローン
じぶん銀行住宅ローン
ネット専業銀行最速!融資額1,000億円超え!
新生銀行 住宅ローン
新生銀行 住宅ローン
事務手数料は固定で54,000円
  • 審査は本審査1回のみ
  • ネット銀行でも専任スタッフ付
楽天銀行 住宅ローン フラット35
楽天銀行住宅ローンフラット35
融資事務手数料の差が歴然
  • フラット35で最低水準の金利
  • 来店不要で契約可能

一般的住宅ローン手数料=借入額×2.16% (税込)⇒ 楽天銀行は楽天銀行口座の指定で借入額の0.972%(税込)

住宅本舗の一括審査申込み
住宅本舗の一括審査申込み
得したい方必見!忙しい方にも
  • 一括審査で複数の商品から一番良い条件の商品がわかる
  • 一度の入力で複数のローンへの審査申込みが可能


不動産担保ローンの場合の借り換えで効果があるのは、

  • 現在の不動産担保ローンと、これから組む不動産担保ローンの金利差がある場合。
  • 不動産担保ローンや無担保ローンをまとめて費用を加算しても、月々の返済金額が軽減できる場合。
  • 返済期間を変更することで月々の返済額が軽減できる場合。

上記の3つが住宅ローンの借り換えの目安になります。 不動産担保ローンの借り換えの場合は、上記の3つに当てはまっていなくても、一度見直しをしたほうがいいようです。

既に組んでいる不動産担保ローンの内容によっても異なりますが、例えばローンの残高が1,000万円以下であっても、金利差が2%以上ある場合は返済金額が軽減される可能性はあります。

すでに組んでいる住宅ローンよりも低金利の住宅ローンや、不動産担保ローンへ借り換えをした人は増加しているようです。 住宅ローンの借り換えをする人が多い理由は、金利が4%台の住宅ローンを組んだ人が、最近の金融機関の低金利や銀行のキャンペーン商品の1~2%へ、借り換えを行っているからです。

住宅ローンや不動産担保ローンの借り換えは、誰でも簡単にできるわけではなく、実際には住宅ローンの借入れを銀行に申し込んでも審査に通らず、借入れを断られることもよくあります。



金利検討イメージ

不動産担保ローンなど住宅ローンの借り換えは、現在借りている不動産担保ローンをより有利な条件で借り入れをし直すことです。

ローンの毎月返済額を減らしたい。またはローンを一本化して毎月々の返済額を減らしたい。カードなどの無担保借入をまとめたい時に借り換えを行うことで、負担を軽減することができます。 どのようなケースでも借り換えの効果があるというわけではなく、不動産担保ローンの場合の借り換えで効果があるのは次の3つです。

  • 現在の担保ローンとこれから組む新しい担保ローンの金利差がある場合。
  • 担保ローンや無担保ローンをまとめて費用を加算しても、毎月の返済金額が軽減できる場合。
  • 返済期間を変更して月々の返済額が軽減できる場合の3つです。

しかし借り換えは、どの住宅ローンや不動産担保ローンでもできるわけではありません。まず公的ローンへの借り換えは利用できません。 また民間でも同じ金融機関内で1つの住宅ローンから別の住宅ローンへは、借り換えできない場合があるようです。

不動産担保ローンから住宅ローンへ借り換えを検討する際は、借り換えをすることで支払い負担が軽減するかどうか、シュミレーションなどを一度してよく検討するようにしましょう。

住宅金融公庫から銀行に住宅ローンの借り換えの場合10年以上前の住宅金融公庫のローンは段階金利になっており、10年後に住宅金融公庫の金利が上がります。ですから支払額も上がるので家計に負担がかかる可能性があります。

子供が大きくなり教育費などがかさんでしまい、少しでも住宅ローンの支払を減額できないかと借り換えを考えることが、あると思います。住宅金融公庫を民間銀行の住宅ローンに借り換えることによって、月々の支払いを減らすことができます。

住宅ローンの借り換えには一部制限があります。民間融資から公的融資への借り換えや、公的融資から公的融資への借り換えはできません。 例えば民間の銀行から住宅金融公庫への借り換えや、住宅金融公庫からより金利が低い住宅金融公庫への借り換えはできません。

ですから住宅ローンを住宅金融公庫で組んでいる方は、十分に注意しましょう。 民間金融機関同士の場合は住宅ローンの借り換えに対して、全く制約はありません。

住宅金融公庫からの借り換えを考えている場合は、一度民間の金融機関で借り換えを行うと住宅金融公庫への借り換えは、できないので気をつけましょう。

しかし民間の金融機関へ借り換えを行うことで、住宅ローンの総支払額を減額できるようであれば、住宅ローンの借り換えをされていいと思います。 住宅ローンの借り換えの目的は支払額を減額することなので、目的にかなっておれば積極的に借り換えをされていいと思います。




定年後では、住宅ローンの借り換えがなかなか難しい場合もあり悩んでいる方も多いようなのですが、東京スター銀行の“充実人生”なら、その悩みも解消してくれそうです。

東京スター銀行の“充実人生”は、現在お住まいの住宅を担保とし、老後資金を受け取るタイプのローンです。 資金は使い道が自由なので、医療費や生活費、住宅ローンの一括返済、リフォーム資金、海外旅行にも利用できます。

気になる審査は、55歳以上(配偶者有りの場合は50歳以上)が対象。年収120万円以上など。

メリットとしては、月々の支払は使った分の利息だけ。融資は一生可能。融資の返済に関しては、死亡された後に担保物件を売却返済となります。 契約された方が亡くなった際には配偶者の方が引き継ぐことも可能です。

⇒ 東京スター銀行の“充実人生”はこちら




不動産を担保に低金利で借入をするなら、東京スター銀行“スター不動産担保ローン”もあります。

融資金額は最高1億円他の不動産担保ローンからの乗り換えにも利用ができますし、複数のカードローンなどの借り換えやおまとめに対応し資金も自由に使えるタイプのローンです。繰上返済時は手数料無料!金利は4タイプからライフスタイルに合わせて選べます。

⇒ 東京スター銀行“スター不動産担保ローン”はこちら



借り換えで人気の住宅ローン

  • 人気の住宅ローン
  • 20年以上の借り換え
  • 一括審査申し込み
じぶん銀行 住宅ローン
じぶん銀行住宅ローン
ネット専業銀行最速!融資額1,000億円超え!
りそな銀行 借りかえローン
りそな銀行借りかえローン
ローンプラザなどで休日も相談OK
  • 保証料、繰上返済手数料無料
  • web申込み限定でお得な金利
楽天銀行 住宅ローン フラット35
楽天銀行住宅ローンフラット35
融資事務手数料の差が歴然
  • フラット35で最低水準の金利
  • 来店不要で契約可能

一般的住宅ローン手数料=借入額×2.16% (税込)⇒ 楽天銀行は楽天銀行口座の指定で借入額の0.972%(税込)

住宅本舗の一括審査申込み
住宅本舗の一括審査申込み
得したい方必見!忙しい方にも
  • 一括審査で複数の商品から一番良い条件の商品がわかる
  • 一度の入力で複数のローンへの審査申込みが可能

関連記事

住宅ローン以外の他のローン
その他のローンとして証券化ローンを紹介。フラット35も..
借り換えのメリット、デメリット
借り換えのメリットは月々返済額の減少、返済総額の減少、金利タイプの見直しができること。デメリットは諸費用がかかる、時間や手間が...

一つ前のページに戻る

トップページへ戻る

このページの先頭へ